« プロジェクトマネージメント | トップページ | LaTeX »

ウイルス対策ソフト(ふたたび)

マカフィーのMTP(Managed Total Protection)をアンインストールして、Enterpriseのお試し版を入れた。MTPでは、McSheildが動き出すとCPUを8~9割占領されてしまうし、集中管理になってて、個々には設定ができないから。

このEnterprise版にもMcShieldがある。まあ、スキャンの仕組みは同じと言うことか。でも、こいつは集中管理でないから、起動時にスキャンを起動しないようにできたり、タスクトレイで無効にできたりできる。スキャンには2種類あって、オンアクセススキャンとオンデマンドスキャン。オンアクセスというのは、ファイルを開いたりコピーしたりしたときに動くはずなんだが、MTPでは起動時に必ず入るようになっているし、不定期に突然動き出したりする。それが一瞬で終わればいいんだけど、かなり長時間動いていて、優先度「高」で動くもんだからレスポンスが極端に悪くなり、仕事にならなくなる。もうこいつには動いて欲しくないので(仕事にならない)無効にしておき、オンデマンドスキャンをスケジューリングでお昼休みに掛けるようにした。

おお、邪魔されずに仕事できて快適・・・

と、思ったけど、オンアクセススキャンを無効にしておくということは普段は、何もないのと同じなのではないか?まあ、会社ではファイアーウオールがあるし、変なホームページにアクセスすることもない。メーラーも秀丸メールでテキスト表示しかしないから添付ファイルさえ気をつければ問題はないが・・・。無効にしておいてポートスキャンとかメールスキャン(POP3監視)は働くんだろうか?う~む・・・

普段の仕事はデスクトップを使ってるんだが、出張とかもあるしデバッグに便利なのでノートPCも使っている。そっちにもMTPが入っていたんだけど、こっちは噂の「カスペルスキー」を入れ直すことにした。まずは、ジャストシステムのお試し版を入れたんだが、インストール後のアップデートでなんか異常が出るし、再起動後も異常が出る。やっぱ、会社のPCにInternet Security版はダメか。ノートPCには「秘文」という暗号化ソフトが入っていて、ハードディスクは一部を除いて暗号化されているのでそれとの相性かもしれない。秘文のホームページを見てもマカフィーのEnterprise版との相性で問題あるというのはあるけど、カスペルスキーは・・・っておい!マカフィーのEnterprise版だめじゃん。秘文で暗号化していないデスクトップでは使えるかもしれないけど、ノートPCでは怖くて使えない。

このままじゃいけないので、Kaspersky Labsの企業バージョンお試し版に入れ直してみた。(こいつにはファイアーウオール機能はない。会社のPCではこの機能は確かにいらないよな。そういや数年前、会社のPCにノートンのInternet Securityを入れてうまく動かなかったことがあったなぁ。)と思いつつ、インストール終了。さっきは失敗したアップデートを掛けてみる。

ん?!問題ないじゃん!

再起動してもエラーは出ないし、プロセスエクスプローラで見ても、カスペルスキーのプロセスは優先度「通常」で他のプロセスと変わらない。普通はこうでなくっちゃね!マカフィーがスキャンを「高」にしてるのもわからなくはないけど、全スキャンさえ定期的に掛けとけば、問題になることはまず無いだろう。(宝くじに当たる確率よりは高いかもしれないけど。)

システム部には今回の試用を簡単にレポートしなきゃいけないので、とりあえず1週間ほど使って、デスクトップもKasperskyにしよう。3連休明けは、ちっとは快適な環境で仕事ができそう。といっても、自分のキャパを超えての仕事は無理だけど。

|

« プロジェクトマネージメント | トップページ | LaTeX »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。