« バリアセグメント(完全版) | トップページ | 台湾 »

STOP 0x0000008E

1年以上前から、DVDを見ていたりゲームをしていると、突然リセットがかかったり、ブルースクリーンになって再起動したりしていて、普通にインターネットをしてる分にはどうもないので、なんかビデオ周りかなぁと、ドライバーを変えたり、BIOSをアップデートしたりと色々やってたんだけど、どうも治らない。

いっそVistaにでも乗り換えるか、と思ったけど、何とかしたいとブルースクリーンになったときに再起動しないようにしておいて、STOPコードを調べてみた。すると、

    STOP 0x0000008E (0xC0000005, ・・・・

となっていたんで、色々とネット調べてみたら、どうも色々とあるらしい。その中で、MEMTEST86でメモリーテストをしてみたらわかるかもというのがあったので、ダメ元でやってみたら、なんと、TEST#5でエラーが出るじゃないですか。それもやる度にアドレスが違う。ただ、エラーが発生するビットは同じのようだ。

え~~~、メモリーに不具合かよぅ・・・う~ん、3枚刺さってるからどれが悪いか見てみようと、1枚ずつやると全然エラーが出ない。ん?どういうことだ???

仕方ないので、マザーボードのマニュアル(英語)を一生懸命見ていると、どうも3枚の組み合わせで差し方が悪いか、どこかのメモリスロットが不安定らしい。また、このマザー(GA-8S655FX Ultra)はDual Channelというのがあって、これは同じサイズのメモリーを載せないとこの機能は有効にはならないんだけど、どうもそのあたりに何かありそうである。で、色々と3枚の差し方を変えてようやくうまくいくパターンになりました。

ああ~、こういうことならもっと早くメモリーだと気がついていれば・・・

元々、購入したときは256MB(128+128)で2枚刺さっていて、後で256Mを1枚追加して差して使っていたんだけど、起動時やBIOSではちゃんと認識しているので、大丈夫と思っていた。でも、BIOSがメモリーを認識するのは実はメモリーモジュールに載っているシリアルEEPROMの内容を読み出して出しているだけで、チェックは普通はしていないらしい。(知らんかった)

メモリーテストでエラーが出ていたのは、物理アドレスの後ろの方なので、DVDとかゲームとかメモリーを食うやつを動かしているときに、エラーの出るあたりをプログラムが使うことで、おかしくなっていたんだろう。

いまさらだが、こういう状態でよく使っていたなと思う。

|

« バリアセグメント(完全版) | トップページ | 台湾 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203247/14838060

この記事へのトラックバック一覧です: STOP 0x0000008E:

« バリアセグメント(完全版) | トップページ | 台湾 »