« JSTQB認定テスト | トップページ | SQLite3 Ver.3.6.4 »

MS-IME+AZIKだと途端にバカになるIME君

自宅ではATOK+AZIKですいすい入力しているのだが、会社では諸般の理由でATOKが使えず、MS-IME+AZIKで使用している。しかし、たまに漢字候補が出てこなくて困る時がある。最初はさっぱり理由が分からなかったのだが、どうもIMEの変換アルゴリズムの問題のようである。

たとえば、「書き込んだ」は、入力そのものは

MS-IME標準だと : ka ki kon da

AZIK配列だと : ka ki kl da

となる。前半の「ka ki」はどちらも同じなので「書き」と変換できるが、後半の「込んだ」がIMEの入力だと変換してくれるが、AZIKだと「KLDA」という入力なのでうまく変換してくれない。どうも、MS-IMEは、ひらがなではなく入力されたアルファベットキーをもとに変換を行っている節があるようで、そのために変換がうまくいかない様である。漢字候補リストに「KLDA」とかが入っているので間違いないと思われる。どうも撥音拡張の単語がうまく変換できないことがあるようだ。もちろん、MS-IME標準の入力だと問題なく変換できる。

たとえば、「セリフを噛んでしまった」をAZIK入力すると「セリフを缶でしまった」になってしまう。ただよくわからないのが「かんで」だけ入力しての候補リストを出すと「間で」「かんで」「カンデ」「KZDE」が出てくるのだが、「セリフ・・・」と文節で入力すると「缶で」「かんで」「カンデ」「KZDE」と候補が変わる。どうなってるんだ?

ちなみに、ATOKでは問題なく変換できる。かといって、もう体はAZIKが染み込んでいるので、いまさら標準の配列には戻せない。ストレスが溜まる一方である。

|

« JSTQB認定テスト | トップページ | SQLite3 Ver.3.6.4 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事