ウォーキング

最近ウォーキングを始めた。メタボ対策である。

会社の健康診断で宣告されたのは高脂血症。コレステロールの値が高い、BMIが25(ほぼ10kgオーバー)。

医者に言われたのが、食事をコントロールして5kg痩せなさい、特に夜を減らしなさいとのこと。朝や昼はこれから活動するからいいのだが、夜は食ったら寝るだけ。カロリーほとんど消費しないから脂肪になるだけというわけである。

確かに夜を減らしたことで2kgくらいはすぐに痩せられたんだけど、ここからがなかなか減らない。まあ、体は入ってくる量が減ると、自己保全に働らいて出ていく量を減らそうとするので、なかなか減らない時期がくる。そこであきらめるとダイエット失敗となるわけで、ここはぐっと我慢するのが肝要。

でも、少しは運動をしないとというわけでウォーキングである。学生時代に痛めた膝に古傷を抱えているのでジョギングはちょっとつらい。ウォーキングも気をつけないと膝に来るけど、最近は膝を守ってくれる便利なウェアーがあるので負担はほとんど感じない。

プログラマーは日がなPCの前に座ってばかりいるので、どうしても運動不足や睡眠不足になりがち。走るのはちょっと体力的にも膝にも負担があって大変だけど、ウォーキングなら何とか続けられそうである。

平日は、帰りに電車なら5~6分のところを歩くようにしている。大体25分前後くらい歩数にすると3000歩くらい。休日は、1時間から1.5時間くらいで、8000歩~9000歩。歩数計はオムロンのやつでPCにUSBで接続することができるので、記録を残すのが楽である。

それと、始めたのが腹式呼吸『内臓力を高める「ゆる」呼吸法 病気にならない身体を作る』(高岡英夫著 KKベストセラーズ)を読んだのがきっかけ。

腹式呼吸そのものは、中学校時代にある人に教わって元々できるんだけど、会社に入ってからは意識的にやってなかった。でも、健康診断で超音波で見てもらったんだけど、肝臓周辺に少し内臓脂肪が付いているとのことで、何とかしたいなぁと思っているところにこの本を見つけたのである。初めて1ヶ月にもならないのでどう変わったかはわからないけど、腹式呼吸をしていると穏やかな気持ちになるので、精神的にもいい感じ。ビリーのブートキャンプはなかなか続けるにはつらいものがあるけど、腹式呼吸で内臓脂肪が取れてメタボ対策になるのなら安いものである。ウォーキングは、靴やらウェアやらちょっとお金が必要だけど(たいした金額ではないが)、腹式呼吸は全くのタダ。それで、内臓脂肪が落とせてメタボ対策になるのならやらない手はない。

病気やけがは医者に頼るしかない場合もあるけど、やはり自分の身体は自分でメンテナンスしていかないといけない、と思う今日この頃である。

|